総量規制対象外の大手銀行カードローンの特徴

カードローンの種類のうち、銀行カードローンは総量規制対象外として契約することができます。総量規制対象外とは、契約時に年収の1/3を超える借入れができないという制限のないローンのことです。例えば、住宅ローンやカーローンなどは、年収に対して非常に大きな割合、もしくは年収よりも大きな額のローン契約をすることになりますが、これは総量規制対象外だからこそできることです。

もし、住宅ローンやカーローンが総量規制対象のローンだった場合は、3倍以上の年収がなければ契約することができないという状況になるため、不動産を購入できる人が極端に少なくなってしまいます。とは言え、これは「家(不動産)や車(動産)といった担保がある状態」であることが大きく関係していて、担保が不要となるフリーローン(カードローン)契約の場合は、総量規制の対象となってもそれほど大きな問題はありません。

その為、以前から債務超過に陥るリスクが高かったことなども理由に、カードローン契約時には総量規制の影響が生じるようになっています。しかし、銀行カードローンに関しては、住宅ローンやカーローンなどと同じように総量規制の影響を受けないローンとして利用できます。総量規制対象外となるカードローンは銀行カードローンのみですが、それによって高額な借入れにも対応できるという点が大きな特徴です。

特に、大手の銀行カードローンに関しては、融資上限金額が高いことや金利の設定が低いなどの特徴もあるので、すべてのカードローンの中で最優先で選択するだけの価値があります。
総量規制対象外カードローンでおすすめはどこ?大手3社徹底調査!はこちら