収入証明なしで借りやすいキャッシングとは?

今、キャッシングを利用する時には「収入証明書の提出」が必須となる状況が多くなってきています。貸金業法の改正や様々な状況の変化などが影響しているものですが、全てのキャッシング利用時に収入証明書の提出が必須となっている訳では無い為、提出が必要ない状況で利用した方が借りやすいのでお得です。

まず、一般的な消費者金融系カードローンを利用する場合であれば、50万円以下の契約時には収入証明書の提出が不要となる場合が多くなります。また、銀行カードローンであれば300万円以下の契約であれば収入証明書の提出が不要となる場合もある為、自身の希望額・収入状況などを意識して申し込み先を決める様にしましょう。

収入証明書の提出が必要となる理由は、「本人の申告している年収が事実である」と言うことを確認する為です。貸し手にとっては、本人が本当に借入れ金額に見合った収入を得ているのか(返済能力があるのか)と言うことをしっかりと判断しておかないと、契約後に返済が行われずに大きな損失を受ける可能性が出てきます。それでは経営が成り立たない為、しっかりと確認したうえでリスクを減らしておくことが大切です。

収入証明書の提出が必要ないとしているカードローンであっても、人によっては収入証明書の提出が必要になることもあります。例えば、年収に対して借入れ希望額が多い場合や、債務状況が良くないと判断された場合には形式的に提出が必要となることもある為、「絶対に提出不要で契約できる訳では無い」と言うことは覚えておきましょう。
参考サイト